数学

私は大学で数学科を専攻していました。

 

数学は、アメリカ人学生や他の国からの留学生と比べて、
日本人留学生が得意と思われたものの一つでした。

 

日本人が数学に強いということは一般的にアメリカ人にも知られていることで、
「日本人なんだから数字は得意でしょ?」と何度も言われたことがあります。

 

周りにいたほとんどの日本人学生にとっても、
大学で学ぶ数学は簡単に「A」の成績が取れる教科でした。

 

数学科を選択していた人だから簡単だと言っているんだろう、と思われる方もいるかもしれませんが、
他の日本人学生も他の教科に比べて、ものすごい量の予習や復習をこなさなくても、
授業内容も把握できており、それほど苦労している日本人学生はいませんでした。
ですので、やはり日本人が数学に強い(得意)というのは事実なのでしょう。

 

アメリカ人学生が数学の宿題に頭を悩ませているのを見ていて気付いたのは、
とにかく方程式系のものが苦手なこと。

 

私などは、方程式などは公式にばんばん当てはめてパズルのように解いていくので、
その公式させを覚えれば何を苦労することがあるのだという感覚でした。

 

しかしアメリカ人に、「公式に当てはめて単純に解けばいい」とアドバイスしても
「でもどうしてこうなるのかが分からない」と言って納得しないのです。

 

日本のように受験勉強が特に必要ないアメリカでは、
「公式にあてはめてただ解けばいい」
「とにかく問題をたくさんこなして、理解すればいい」という勉強をしてきていません。
「なぜ、その数値が導きだせるのか」が彼らにとって重要なのです。

 

アメリカで生活する中で、
「アメリカ人は何事にも理由が欲しい、良く考える国民だ」
という印象を持っていた私にとっては納得する出来事でした。

 

私が「公式に当てはめて単純に解けばいい」と教えたにも関わらず、なかなか理解してもらえなかった友人に、
「数学のクラスで証明問題ばかりをやっているクラスがあるよ。」と教えたところ、
彼はそのクラスを受講し、非常に優秀な成績で単位を取得していました。

 

数学は2年制大学・4年制大学の一般教養課程の教科に必ず含まれています。
他の単位で「自分はできない・・」とプライドをコテンパンにされた時に、
他のアメリカ人と比べて少しだけでも優位に立てる科目となります。
また、多少数学が得意な人で、他のクラスの成績が低い人などは、
複数の数学のクラスを受講し点数を稼いでおくという手もあると思います。
「英語がだめなら数学を!!」という事を覚えておくと、いいでしょう。